情報をつかんで

喪服の男性

最近、東京都内を中心に利用者が増えてきている「納骨堂」と呼ばれるものがあります。従来の「お墓」よりも、コストが抑えられるということで、人気となっているサービスです。
今回は、その「納骨堂」を利用する際の流れや、ポイントなどについて、詳しく解説していきたいと思います。
人生の中で、納骨する機会も少ないと思いますので、あらかじめ流れを理解しておくことで、いざというときにあたふたせずに済みます。
では、流れを説明していきます。まず、お葬式が終わった後に、納骨(遺骨を納める)の方法を決めます。今回は、「納骨堂」を利用して、納骨する方法を決めたとします。
様々な種類があるのですが、仮に、寺院の「納骨堂」を利用するとしましょう。そうすると、費用は50〜60万が相場としてかかります。
通常は、死後49日までに、遺骨の安置、法要が終了し、そのあとで納骨が行われます。もし49日までに、納骨の方法が決まらなかった場合は、1周忌/お彼岸などのタイミングを利用して行うことも出来ますので、ご安心下さい。
納骨式の際は、お布施代が、相場で3万〜5万程度かかります。納骨式の後は、食事会を行うのが通例ですので、あらかじめ参加人数なども把握しておく必要があります。
場所によっては、食事会用の会場が用意されていないケースもありますので、事前に把握しておき、しっかりと段取りをしておきましょう。
ちなみに、「納骨堂」の法要に関しては、月一回の合同供養を行うところもあれば、年忌法要を回忌毎に行うところもあります。「納骨堂」によってその基準は様々なので、あらかじめ確認しておくことです。

  • 2つの利用方法

    花

    納骨堂は、現在2つの利用方法がある施設となっています。昔ながらの「一時預かり」のための施設として利用する方法がひとつ。最近増えているのは、2つ目の「永代供養墓として」の利用です。

    Read more
  • 護持費用はまとめて

    墓地

    お墓を買うことと比べると、納骨堂は費用を抑えることが出来るという特徴を持っています。納骨堂のスペースを利用するための費用と護持費用だけで済みます。護持費用は、まとめるとさらにお安くなるというところもあります。

    Read more
  • お墓から納骨堂へ

    骨壷を持っている喪服の男性

    一度お墓に納めてしまった遺骨も、納骨堂に移動させることができます。お墓がある地域の役所と、これから納める納骨堂とに相談の上で決められた手続きを行うことで、可能となります。

    Read more
  • オススメリンク

    設備が充実している納骨堂といえばこちらです!|三田霊廟