お墓から納骨堂へ

骨壷を持っている喪服の男性

専門用語的には「改葬」となるのですが、お墓を移すということは決して珍しい話ではありません。いろんな事情で、お墓は移る場合があります。たとえば昔ながらのお墓から納骨堂へ、遺骨を移すというのも改葬のひとつです。
先祖代々住んでいた土地を離れるとか、お寺の檀家としてやっていくのが難しくなったとか、いろいろ事情はあるでしょう。過疎化や核家族化などが進み、お墓を守る人がいなくなるので納骨堂を利用するという人も増えています。と言っても、もちろん家具か何かを運ぶみたいにして、お墓から遺骨を出して運ぶわけにはいきません……正確に言えば、最終的にはもちろんお墓から遺骨を出しますが、しかるべき手続きを踏まなければいけないのです。
手続きは、もともとお墓のある地域の役所で改葬許可の申請書をもらうところから始まります。申請書を仕上げ、お寺にも見てもらって、その上で申請を行い、許可証を発行してもらうのです。
改葬許可証があれば、遺骨をお墓から出して納骨堂に運ぶことが出来るようになります。
もともとお世話になっていたお寺には、最後に「魂抜き」をしてもらうのを忘れないようにしましょう。もちろん宗教的な儀式ではあり、実際、何か大げさなことが行われるというわけではなく、お寺のお坊さんによって読経が行われるだけのことです。しかし、改葬のためには欠かせない手続きのひとつとなっています。魂抜きを行うことによって、遺骨はすんなりと新しい納骨堂におさまりやすくなります。